家庭教師選びの情報ならお任せ!

登録されている教師で選ぶ1

・良い家庭教師センター1

■いい家庭教師とは
まず「いい家庭教師」という言葉自体が漠然としているので、一つの例を持って
「これがいい家庭教師です」という説明はしにくいものです。しかしながら
一般論からすればいい家庭教師としての例を挙げることは難しくないので
あくまで参考例として下記に「いい家庭教師」の条件を挙げます。

1:生徒の接し方が上手い
これは家庭教師にとって必須と言っても過言ではないでしょう。教える対象である
生徒を萎縮させ、勉強への意欲を逆に削ぐような横柄な態度で勉強を教えるような
人はまず家庭教師に向いていません。また子供のことを嫌っている大人の場合、
得てして子供の接し方を苦手としているので、子供と触れあうことを得意する人は
ある意味家庭教師に向いていると言えるかも知れません。子供と上手く接することで
苦手とする分野や得意する分野を上手く分けながら教えたり、勉強と直接は関係のない
ことだとしても、人生の先輩として何かしらのアドバイスをするような間柄を築ければ
自ずと生徒と家庭教師の信頼感が増し、勉強への意欲もアップすることでしょう。

2:教える内容に付加価値がある
要求されたもの以上の価値を付加できるかどうかも家庭教師の能力によって左右されます。
単に「一つの教科につき+30点」、「苦手科目でいい点を取る」という目標だけであれば
家庭教師はそれほど難しくないそうです。勉強方法とその内容さえ
しっかり教えることができれば誰でも狙った点数が出せるということを東京で現職の
家庭教師から聞いたことがあります。しかし、その「しっかりと教える」ことが難しいのですが
それすらできている家庭教師を雇えば、まず学力アップが見込めるということです。
雇う側としては期待した成果さえ上がれば満足ですが、いい家庭教師は望まれた成果だけでなく
更にそこに付加価値を付けることができるかどうかでも判断できます。
ここで言う付加価値とは例えば、「数学を+30点」という目標を持っている生徒に対し
関連として物理や化学といった計算式を用いたテストでも成績が上がるように
教えたり、暗記が苦手な生徒に上手い暗記方法を教えると同時に、他の教科でも
上手い暗記方法を教えることで、求められる成果以上の効果を出させることを言います。
東京の受験対策にも強いですよ。

Valuable information

スマホケースの作成
http://www.smartphone-case.jp/

2017/4/6 更新


Copyright (C) 2008 KATEKYO select net. All Rights Reserved.